カテゴリ:本( 22 )

ついに買った!読んだ!!

映画を見たい!と思えば
「我慢すればアレが片方だけ買える……」と踏みとどまり

帽子が欲しい!と思えば
「我慢すればアレが2セットも(いらないけど)買える……」と踏みとどまり
焦がれ続けて早2ヶ月近く
すっかり「チロルチョコ●個分」的な“単位”になってしまいました、あれ。

これ以上、ここまでしつこい物欲を頭の中に住まわせておくのも
不健康だよね~~、と理由をつけて・・・


買ったどーーーーー!!
そして、読んだどーーーーーー!

「1Q84」!!!!!
(上下巻!)

春樹先生は、もっとも好きな作家の一人であります。
ただし、死ぬほど好きな作品と、ちょっと好きな作品に分かれる。

「羊をめぐる冒険」「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」が前者にあたり
「アフターダーク」「スプートニクの恋人」あたりは後者。

そして、拝読した結果、「1Q84」はめでたく前者と相成りました。
いろいろ書きたいけど、ちょっと眠いしまだ一回しか読んでないし(←やる気だせよと)

また今度気が向いたらあらためて。
とにかく、おもしろくかったです。
書かないほうがマシなくらいテキトーな感想ですんませんが
やっと読めたからうれしかったんです!

そうこうしているうちに、なんと第3巻がでるとのうわさ!!
待ち遠しいですなぁ。

しばらくのお楽しみです!
[PR]
by ten-to-ten | 2009-10-30 00:46 |

8月に読んだ本

先月から、読書メーターというのを使い始めました。
自分の読書情報をまとめてくれて、おもしろいです。

8月に読んだのは、おもに帰省中に実家に置いてあった本を読んだかんじ。
それ以外の時間は(つまり東京では)、ほとんど本に手を触れませんでした。

『ノルウェイの森』は、今年読んではじめて良さがわかりました。
昔は、「ワタナベ君に都合がよすぎる!!」ってプンプンしていたのですわ。
あまりに感動して、もう夏が終わってもいいと思った。
(ほんとに終わっちゃったけど。)

映画が公開されるのは来年の秋ですか。
アジアの空気を切り取るのが上手な監督のようで、とても楽しみ。

d0127292_025163.jpg

↑ ヒ ロ イ モ ノ

雨の日に鳥小屋を掃除する直子が着ていた黄色いレインコートとか、
二人で散歩する草原の緑色とか、
レイコさんがギターを弾く部屋で、3人でブドウを食べて過ごす月夜とか、
自分で勝手にいろいろ想像しちゃっています。

『なつのひかり』については、前にも書いた気がするな。。
評判の低い作品ですが、私の好きな江國作品の中では、けっこう上位にきます。
ただ、「あくまで現実からはみださない非現実」が上手い江國さんには珍しく、
思いっきり非現実の世界に飛んじゃっているので、そこが「反則」っぽいかなぁ、
っていう気はします。
でも、それを差し引いても、夏のだらだら感が心地よく、
「夏」が「秋」に追い出されるのと、主人公のことちゃんが大人になるタイミングがリンクしていて、
二重の意味で夏の終わりを感じられる、なんとなく切ない話です。


8月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1499ページ

なつのひかり (集英社文庫)なつのひかり (集英社文庫)
読了日:08月23日 著者:江國 香織
縁切り神社 (幻冬舎文庫)縁切り神社 (幻冬舎文庫)
読了日:08月23日 著者:田口 ランディ
ノルウェイの森 下 (講談社文庫)ノルウェイの森 下 (講談社文庫)
読了日:08月23日 著者:村上 春樹
ノルウェイの森 上 (講談社文庫)ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
読了日:08月23日 著者:村上 春樹
新編銀河鉄道の夜 (新潮文庫)新編銀河鉄道の夜 (新潮文庫)
読了日:08月15日 著者:宮沢 賢治

読書メーター

[PR]
by ten-to-ten | 2009-09-11 23:45 |

「風に舞いあがるビニールシート」森絵都

新しい作家さんを開拓したいと思って初挑戦しました。
いきなり雷に打たれたような出会いではなかったけれど、けっこうよかったです。
今後ハマるかもしれません。

この作品に限ったことかもしれませんが、
個性的な文章で魅せるというよりは、誠実な情報収集とそのまとめ方に好感が持てました。
徒然草の分析や国連の難民援助活動のお話、小説の基盤になっている設定がそれだけで面白い!

他の作品は、こども向けのものを書かれたり、青春文学が多かったりのようなので、そうでもないのかな。どうかな。


表題作は飛び抜けて秀逸だったと思います。
NHKでドラマ化されているけれど、時間帯がクイズショウとかぶっているせいで毎週見逃してしまいます。。。

ヒロインは吹石一恵さんのようですが、私の頭の中で勝手に麻生久美子だった。

(あの人、あんまりドラマ出ないもんなぁ。。)
[PR]
by ten-to-ten | 2009-06-17 10:10 |

「小説智恵子抄」佐藤春夫

通りすがりの古本屋さんで、100円で買いました。

お店の奥には、何年も日がな一日ここに座ってるんだろうなと思われるお婆さんがいて、「智恵子抄はいいですよ」とにこにこおつりを渡してくれた。
色白で綺麗な人でした。

『智恵子抄』はとても好きですでに持っているのですが、こっちは夫婦の軌跡と光太郎の詩を絡めた小説仕立て。
詩が書かれた背景と、二人がどんな生活をしていたのかが伺えておもしろい。

家の中で外套を着て寒さに震えながら「餓死よりは火炙りで死にたい」とつぶやくほどの貧乏だったようですが、この赤貧が異常なくらいの夫婦の絆を作ったのかもしれません。

うちの近くに高村光太郎のお墓があるらしいのですが(染井霊園)、まだ行ったことがありませぬ。
ファンとしては一回ぐらい拝みませんと。
[PR]
by ten-to-ten | 2009-05-26 03:58 |

「朝ごはんの献立」飯島奈美

d0127292_0453437.jpg
ごはん・お味噌汁・ひもの・小鉢 とか
トースト・目玉焼き・スープ・ヨーグルト とか
朝ごはんの献立は、昼も夜も食べたいくらい好きです!

前に「かもめ食堂」という映画を観て、不思議な雰囲気の映画で、
どんな話だったか説明出来ないくらい話の筋をわすれてしまったのだけど、映画に出てくるお料理がとても素敵だったのは覚えている。

そのお料理を作ったフードスタイリストさんが、
「朝ごはん」をテーマに本を出されたと聞いたのは、しばらく前。
ずっと狙っていたものです。
ようやくゲット。

映画に出てきたみたいな、かりかりの目玉焼きを作ろうと思います♪

「かもめ食堂」のスタッフとキャストがもう一度集まって作ったという
「めがね」の紹介記事が、ほぼ日新聞にありました。

かもめとめがねのおいしいごはん

読んでるだけでしあわせな気分になれます★
[PR]
by ten-to-ten | 2009-04-17 00:50 |

読書メモ

最近わりと読書がはかどっているんだけど、なかなか記録できてまへん。。
なので取り急ぎ、忘れ防止に雑記をば。

*****
東野圭吾を貸してくれる人がいっぱいいるんです。
会社でもえらくはやってて、Excelで誰かが作った作品一覧表が、社内で回ってます。
みんな貸し借りしてチェックをつけていくのだ。
小学校の読書カードみたいよ^^


・「容疑者Xの献身」
ものすごいショックを受けた。
東野圭吾はつまんないとか言って本当にごめんなさい。猛省してます。
最高に面白い。

・「ある閉ざされた雪の山荘で」
・「ゲームの名は誘拐」
純粋にトリックが楽しい。こういうのを、本格推理、というそうだ。


・「細川ガラシャ夫人」
三浦綾子。
ガラシャさんは光秀の娘なんだそうな。
知らなんだ。
潔白な人がたくさん出てきて、そんなにけがれなく生きられるかよ!って思うんだけど。

しかし、なるべくよい人間になる努力はしないと駄目よね。。
でないとおかしな世の中になっちゃう。と納得した一冊。
いや、上下巻だから二冊か。
[PR]
by ten-to-ten | 2009-01-13 23:45 |

「おっこちゃんとタンタンうさぎ」あまん きみこ (著), 西巻 茅子 (絵)

d0127292_0541630.jpg
小学生の頃に一度だけ、この本を読んで書いた読書感想文で、賞状をもらったことがあるのです。
昔からぱっとしない、地味な子供だったので、表舞台に立ったのはあのとき一回きり、輝かしい思い出ですわ。

タンタンうさぎとまるきり同じ格好のぬいぐるみを、偶然持っていたんです。
(うちのゴンちゃんは3歳のときから連れ回していて、ボロボロになってたけど)
本屋さんで表紙を見たときは、ものすごくびっくりしてはしゃぎまくったを覚えています。
そしたら、親が買ってくれて。

でも、賞状に書いてあった本の名前が、間違ってたんだよね。。
校長先生は読み上げました。

「おっこちゃんとタンタンたぬき」を読んで


えぇ~~~っっ!!!
かーぜもないのに、ぶーらぶら、ですか~っ!?

[PR]
by ten-to-ten | 2008-10-03 01:00 |

「孤島の鬼」江戸川乱歩

d0127292_22472535.jpg
今年の秋は、乱歩先生の本を読みまくる!
いきなり、長編では最高傑作との呼び声も高いコチラに手をつけました。
毎回のことながら、ぐいぐい引き込まれる導入部に始まり、畳みかけるように、色恋沙汰、不気味な老人、美女、幻想的な怪奇事件、・・・
あぁ〜、おもしろかったぁ〜。

ブッダは「おのれの欲に目をつぶれ」と言っておられますが、推理小説の快楽はやめられませぬ。(あと、睡眠欲もわりと強いけど。)
やっぱり、小説は、「こんなことありゃせんだろ〜」という話を、実に巧みな文体でまことしやかに語られるのが、醍醐味のひとつでありますな♪

しかし、このお話を読んでいると、昔の人がハンディキャップを持つ人をどんな目で見ていたのか、少しはわかるような気がします。
私の祖父・祖母世代の人でも、けっこうすごい偏見を持っているものね。。
それが当たり前だった時代の人だから、しょうがないんだけど。

『孤島の鬼』は光文社からも文庫が出ていますが、そちらは差別用語を修正してあるそうです。
差別用語で不愉快な気分になりそうな人は、そちらがおすすめ。
創元推理文庫は、善くも悪くもあえて原文のまま載せてある。
王道を狙っていない出版社だからできることなのかも。
[PR]
by ten-to-ten | 2008-09-19 00:23 |

「どちらかが彼女を殺した」東野圭吾

d0127292_22294793.jpg
謎解きシリーズは手を出していなかったけれども、これはなかなか面白く読めました!
旅にはこの本一冊を持ち歩いたので、じっくり読めて、
「な~んだ簡単じゃん♪」
と思ったらどうやら違ったみたい;;


すごい理系作家だこの人は!!!
[PR]
by ten-to-ten | 2008-09-13 22:46 |

「純情ババァになりました。」加賀 まりこ

d0127292_0211626.jpg
ちょっと前に雨宿りのつもりで本屋で立ち読みをしていたら、メチャクチャ面白くて買ってしまった本。
にわかにこの人が私の中で大ブームになっている。

加賀まりこっていうと、若いときからものすごく美人で、和製B.B.って感じで、おフランス仕込みのコケティッシュな小悪魔・・・というイメージしかなかったのですが。
実は神田生まれのチャキチャキの江戸っ子で、短気で喧嘩っ早いんだとか。
そんな相反するような二面性を内包してるのは、芯の通った人なのでしょう。
この人の遊び方、先輩とのエピソード等々、読んでいるととっても楽しくてワクワクして、不思議に元気がでてくる。

この本の中で、宇野亜喜良さんが彼女に向かって言ったという言葉がとても素敵なので、引用しちゃう。

「あの60年代のアナタは"都会的"なんてひとことじゃ括れない。すごくトッぽくて、カッコよくて、キラキラした不良性を持ってる女の子だったよねぇ」
「あのフツーじゃなさ加減!際立ってたよ。大衆に指示される"よき少女"というより、その対極にある"精神の不良性"みたいなものを体現してたもの」


この、キラキラした不良性っていう言葉、すごくいい!!
まだうら若き頃の加賀さんが、立派な舞台装置に「すごい!!」と叫んだら、その場に居合わせた石原慎太郎さんに「感想を述べるときに"ワァ、すごい"で片付けるのは、いかにキミのボキャブラリーが貧困かってことだよ。女優として恥ずかしいと思いなさい」と叱られたというエピソードも載っていたけど。
こんなに綺麗な言葉で人の魅力を表現できるのって、本当に心の豊かな人なんだなと思う。
自分も、何でも「すごい」「素敵」で括ってしまうから反省です。

キラキラっていっても、こういうんではなくてね。↓
d0127292_0445825.jpg

時代性もあるのかもしれないけど、銀幕の中で彼女は煙草をすったりキワドイ台詞をはいたりするのに、声が可愛くて、話し方がとても上品なのが印象的。
そのギャップが、不良っぽくてもきたなくはならないんだなぁ。

加賀さんはかわいいんだけど、チープな感じと中尾彬が若いので笑っちゃう「月曜日のユカ」

[PR]
by ten-to-ten | 2008-08-30 00:55 |


オモチロおかしく どたばたと暮らしています。


by ten-to-ten

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
つれづれ
雑誌
youtube

映画
お芝居
催しもの
さつえい
コネタ
おみせ
ねこ
お散歩
のんだくれ
未分類

以前の記事

2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月

フォロー中のブログ

ラピスラズリー  ~ウキ...
とべ!およげ! あひるちゃん
balmy**
Record of me...
東京アンダーザブリッヂ
そこへ直れ!手打ちにいたす!
Que será, se...
風の中で~

リンク

ブクログ

最新のトラックバック

朝ごはんの献立 -12の..
from balmy**

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧